レアル マドリード 新 ユニフォーム 18 19

Dahlia Flower with Droplets現役時代はスペイン代表であり、スペイン代表監督も務めた。 ガリシア州の2大クラブ(セルタ・デ・ビーゴ、デポルティーボ)とバスク自治州の2大クラブ(アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダ)のすべてで監督を務めた唯一の人物である。現役引退後にインテルでの背番号4番は永久欠番となり、現在はインテルの副会長を務めている。 プジョー・ジャポン(Peugeot Japon)は、かつて存在したプジョーの日本法人である。

本来のポジションは守備的ミッドフィールダーやセントラル・ミッドフィールダーであるが、晩年は右サイドハーフでプレーすることが多かった。 2005-06シーズンから2009-10シーズンまでセリエA5連覇全てにキャプテンとして貢献し、イル・カピターノ(Il Capitano、キャプテンの中のキャプテン)というニックネームを授かった。 ンタ・デル・ブイトレ(Quinta del Buitre)は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードにおいて1980年代に所属した5人のカスティージャCF出身選手であるエミリオ・ブトラゲーニョ、ミチェル、マルティン・バスケス、ミゲル・パルデサ、マヌエル・サンチス・オンティジュエロの総称、または彼らが活躍した1980年代後半のレアル・マドリードの呼称。

イタリアのクラブでプレーするイタリア国外出身選手としては最多となる公式戦出場記録(857試合)を保持している。 2005年からは世界最優秀若手選手賞・世界最優秀審判賞も設置された。 ルイス・メディーナ・カンタレホ(Luis Medina Cantalejo, 1964年3月1日 – )は、スペイン出身の元サッカー審判員。 フェルナンド・バレラ・ラモス(Fernando Varela Ramos、1979年9月1日 – )は、スペインの元サッカー選手。 ニコラ・セバスティアン・アネルカ(Nicolas Sebastian Anelka, 1979年3月14日 – )は、フランス・ル・シェネ出身の元プロサッカー選手。

見た目の派手さからサッカーにおける最もエキサイティングなプレーのひとつであるとされる。 フェルナンド・ジョゼ・ダ・シルヴァ・フレイタス・メイラ(Fernando José da Silva Freitas Meira, 1978年6月5日 – )通称フェルナンド・メイラ (Fernando Meira) は、ポルトガル・ギマランイス出身の同国代表のサッカー選手。 アトレティコ・マドリードではアデラルド・ロドリゲスやルイス・アラゴネス、ホセ・エウロヒオ・ガラテらとともにプレーし、1970年代初頭にクラブの黄金時代をもたらした。

現役引退後は指導者の道に進み、特にデポルティーボ・ラ・コルーニャでは2000年代初頭に一時代を築いた。現役時代のポジションはフォワード、ミッドフィールダー。現役時代はスペイン代表であり、ポジションはFWであった。曾祖父母がイタリア北部のフリウーリ地方出身であり、イタリアの国籍も有するイタリア系アルゼンチン人である。 ハビエル・カムーニャス(Javier Camuñas Gallego, 1980年7月17日 – )は、スペイン・マドリード県パルラ出身のサッカー選手。

レアル アウェイ ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *