レアル マドリード ユニフォーム 2017 ジュニア

レアル・マドリード01/02(H)クロード・マケレレ 正規品です。 レアル・マドリード97/98(3rd)ロベルト・カルロス 正規品です。中古品にご理解の上ご購入よろしくお願いします。 ヨーロッパだけでなく、世界中にファンをもつ「メガクラブ」の歴史をみていきましょう。世界中にファンをもつレアル・マドリードは、その象徴でもあるユニフォームも高い人気を集めています。

トニ・クロース - Wikipedia

スペインの一部リーグに所属するレアル・マドリードは、名だたるスター選手とともに、数々のタイトルを獲得してきました。 その圧倒的な強さと、ユニフォームの色からつけられた異名が「白い巨人」。 フランス代表としてW杯を制したジダンを筆頭に、ポルトガル代表のフィーゴ、ブラジル代表のロベルト・カルロスなど、名だたるプレイヤーが在籍。 レアル・マドリードには、その時代を象徴する数々のスター選手が在籍してきました。

「レアル」人気ユニフォームの特徴とは?今回は世界的な人気クラブであるレアルの歴史や、ユニフォームの特徴についてご紹介します。 「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第11位。統一教会の創始者である文鮮明が設立した財団法人「鮮文平和サッカー財団」(郭錠煥理事長)の主催により、2003年から隔年で開催されていたが、2012年大会をもって終了した。

1940年代には、トップクラブとしての地位を確立。元同国代表。 2016年までに、国内リーグを32回、チャンピオンズリーグを11回制覇しているレアルですが、その人気の秘密はクラブの強さだけではありません。 しかし、1920年に独裁政権で知られるフランコ将軍から、「レアル(王・王立の)」の称号を受けると、徐々に国内での影響力を広めていきます。 サッカーを観戦してみたい、サッカーやフットサルを始めてみたい、なんて方に役立つ情報をお届け出来たらと思います。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *