レアル マドリード ユニフォーム 14 15

Into the Abyss

今回のデザインは、リスボンでラデシマ(10度目のチャンピオンズリーグ優勝)を果たした2013-14シーズンのデザインを彷彿とさせる」  また、米メディア「Sports Finding」も、「まだ2020-21シーズンが終わっておらず、製造メーカーからも正式発表されていないレアルの新ユニフォームが、メルボルンでは商品化されている」と驚きを持って伝えていた。  リーク自体は、ほかの欧州5大リーグのビッグクラブもターゲットにされてきたが、正式発表を前に店頭販売となれば話は別だ。

「フットボールクラブは、常に新ユニフォームのリリースを隠そうとするが、レアル・マドリードの2021-22シーズンのユニフォームはオーストラリアで販売中だ。  LAギャラクシーに酷似とも噂のレアルの2021-22シーズンホームユニフォーム  “白い巨人”の異名を取るレアルは、白ベースのシンプルなデザインが特徴だ。 チームの栄光を象徴するエンブレムの刺しゅうとメッシュのカットアウトを施した、ソフトな吸湿性に優れた生地で作られたユニフォーム。吸湿性に優れた、サポーター向けホームユニフォーム。

マルティン・ウーデゴール - Wikipedia

スペイン代表であった。元メキシコ代表である。元妻のダニエラはダビド・オスピナの妹である。 スペイン リーガ・エスパニョーラを代表するクラブチーム、レアル・マドリード、FCバルセロナ、ヴィジャレアルと、リーグ・アンで絶大な人気を誇るパリ・サンジェルマンのマスクを紹介してきました。  スペインの名門レアル・マドリードは、シーズン最終戦を前に、来季のユニフォームデザインがリークされた。

通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。受注生産品のため、ご注文確認後からお届けまで約2週間ほどお時間をいただきます。 ここまでは他クラブでもいくつも見受けられた形だが、遠く離れたオーストラリアの地で実際に店頭販売されており、スペイン紙も注目している。 スペイン紙「マルカ」英語版は、「新しいレアル・マドリードのユニフォームがオーストラリアで発売中」との見出しで、メルボルンにあるスポーツ関連のアパレルチェーン「rebel」で新ユニフォームが確認できると伝えている。

レアルのユニフォームと並び、ユベントスの2021-22シーズンのユニフォームが販売されている。 『Footy Headlines』によると、ショーツとソックスも青基調となり、このアウェイユニフォームは7月中に発表される予定とのことだ。 ミラン・バロシュ(Milan Baroš, 1981年10月28日 – )は、チェコ・ズリーン州ヴァラシュスケー・メジジーチー出身の元同国代表サッカー選手。 ルシアン・ミュラー(Lucien Muller、1934年9月3日 – )は、フランス出身の元サッカー選手。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *