レアル マドリード ユニフォーム 長袖

父親は元サッカー選手でロシア代表でもプレーしたドミトリー・チェリシェフ。 ティアゴ・アルカンタラ・ド・ナシメント(Thiago Alcântara do Nascimento, 1991年4月11日 – )はイタリア・バーリ出身のブラジル系スペイン人サッカー選手。 ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(Diego Armando Maradona, 1960年10月30日 – )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム,OBE(David Robert Joseph Beckham, OBE, 1975年5月2日 – )は、イギリス、イングランド出身の元サッカー選手、モデル。 デヤン・ペトコヴィッチ(Dejan Petković, キリル文字表記:, 1972年9月10日 – )は、セルビア出身の元ユーゴスラビア代表サッカー選手、サッカー指導者。 プレミアリーグ歴代最多となる4度の得点王受賞をはじめ、FWA(Football Writers’ Association、サッカーライター協会)の投票によるFWA年間最優秀選手賞を3度受賞、PFA年間最優秀選手賞を2度受賞、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーを同賞最多の5度受賞と数々の個人タイトルを獲得。

引退から時間が経った現在でも彼の信奉者はファン、選手、サッカー関係者を通じて多く特にアルゼンチンでは彼を「神の子」と崇拝する宗教が生まれ、ナポリでは旧市街に彼を讃える祭壇が設けられているほどである。父はアルゼンチン代表、ボカ・ジュニアーズで活躍したウーゴ・ペロッティ。 スペイン代表としては2002 FIFAワールドカップに出場した。

フリーキックやペナルティーキックも得意で、スペイン代表での通算得点数はラウルに抜かれるまで歴代1位だったほか、1991-92シーズンはリーグ21得点を挙げてマノロに次ぐ得点ランク2位となった。選手時代からたびたび違法薬物の使用が取り沙汰され、現役引退後は入退院を繰り返した。 2008年にアルゼンチン代表監督に就任し、2010 FIFAワールドカップ南米予選を辛くも突破したが、本大会では準々決勝で敗れ、2010年7月に解任された。 ポルトガル代表としては2000年代の間で約60試合に出場し、FIFAワールドカップに2度、UEFA欧州選手権に1度参加している。

その他の興味深い詳細レアル マドリード ユニフォーム 長袖は、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *