レアル マドリード ユニフォーム 長袖

 キンタ・デル・ブイトレと称された「レアル・マドリード」がプリメーラ・ディビシオン2連覇となる通算22回目の優勝を達成した。 1950年代からはバルセロナも上回り、1960年代にはリーガ5連覇も達成しました。 しかし、1920年に当時スペインの国王だったアルフォンソ13世に、「王」や「王位」といった意味を持つ「レアル」の称号を授かり、エンブレムにも王冠が付け加えられ、クラブの会員も急増しました。

レアル・マドリードのセカンドユニフォームは青や紺、黒といったダークな色でしたが、2011-12年のチャンピオンズリーグ用のセカンドユニフォームには、38年ぶりに赤を使用し、その翌シーズンにはサードカラーを緑とすることが決定しました。 スペインのクラブでは初めて背番号があるユニフォームを着用したクラブでもあり、1947年の公式戦のユニフォームから背番号入りを導入しています。

今回の特別限定ユニフォームはどれも、汗などの水分を吸収して蒸発させるモイスチャーウィッキングを採用した柔らかい生地で作られているため、ピッチでもFIFA 19のゲームに飛び込んでも、快適にプレイを楽しめます。世界中のサッカーファンの人気調査では、マンチェスター・ユナイテッドFCを6000万以上、上回り世界一人気があるクラブチームとしても有名です。 レアル・マドリードは1902年に誕生したレアルマドリッドですが、当初は人気も実力もライバルであるバルセロナよりも劣っていました。

「FIFA Ultimate Team」をプレイするには「FIFA 19」および該当するゲーム機(別売り)、ゲームの全アップデート、インターネット接続、EAアカウントが必要です。 )、また、限定されたadidas店舗、小売店、ファッション店舗にて ご購入いただけます。 また、スペイン代表やレアル・マドリードのキャプテンとして優れたリーダーシップが評価されていた。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *