レアル マドリード ユニフォーム チャンピオンズ リーグ

 アディダス社が手掛けるレアル・マドリードのユニフォームだが、サードユニフォームは日本人ファッションデザイナーの山本耀司さんが手がけたもので、黒を基調に2匹の龍が前面にデザインされている。  コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、「この素晴らしいユニフォームでチャンピオンズリーグを勝ちたい」と述べると、DFマルセロは「本当に良いユニフォームで、2匹の龍と自分が一つになっていると感じる」とコメントした。  また、スペイン代表MFシャビ・アロンソも「とても気に入っている。

ホイッスルが鳴るまで走り続ける選手のために、熱圧着エンブレムで軽量化を図っている。  同日、ユニフォーム発表会に参加した所属選手たちのコメントをクラブ公式HPが伝えた。 スペイン最古のサッカー大会である。 『高品質』、『低価格』、『高性能』 『デザイン性』、『簡単さ』の5本柱でお客様を万全サポートします。

スペイン紙『アス』は「日本人デザイナー山本耀司の感動的な作品」と称賛している。  セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1991-1992の成績上位によって自動昇格した「セルタ・デ・ビーゴ」・「ラーヨ・バジェカーノ」の2チーム。 レアル・マドリード2018-19年のホームキットは、ホワイトとブラックのみを採用し、近年の歴史の中でも最もクラシックなデザインとなったのが特徴として挙げられる。

襟に薄汚れ、胸に点状の傷、胸と左袖に汚れ、少し使用感があります。 デザインは非常に明るい赤色をベースとし、マンチェスターユナイテッドの第3ユニフォームで使用されたグラフィック印刷及び白ロゴがあしらわれている。 そして、シンプルなV字型の襟と「For the Oceans」の内側ネックテープ、及び左下のAdidasxParleyJockタグが外観を完成させている。 そして、この龍が自分たちに大きなパワーを与えてくれることを願っている」と語った。

サッカー指導者。 フランコ・タンクレディ (Franco Tancredi、1955年1月10日 – )は、イタリア出身の元同国代表の元サッカー選手、サッカー指導者。 マウロ・エマヌエル・イカルディ・リベロ(、1993年2月19日 – )は、アルゼンチン・ロサリオ出身のサッカー選手。 ハビエル・ペドロ・サビオラ・フェルナンデス(Javier Pedro Saviola Fernández, 1981年12月11日 – )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のサッカー選手。

レアル マドリード ユニフォーム 2021についての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *