レアルマドリード ユニフォーム 202

2012年1月21日、自国開催のアフリカネイションズカップ2012の開幕戦のリビア戦で、自身代表初得点となる決勝ゴールを決め、赤道ギニア代表の大会初出場初勝利に貢献した。 スペインのスポーツ紙マルカが主催しており、1952-1953シーズンに制定された。翌年にレアル・マドリードに復帰し、2007年10月24日のUEFAチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦に後半途中出場し初得点を上げ4-2の勝利に貢献した。

指導者としてはボルトンの監督としてフットボールリーグトロフィーで優勝し、その後コヴェントリー・シティFC、カーディフ・シティFC、マンチェスター・シティFCの監督を務めた。 ハビエル・イルレタ(Javier Irureta)ことハビエル・イルレタゴジェーナ・アミアーノ(Javier Iruretagoyena Amiano, 1948年4月1日 – )は、スペイン・ギプスコア県イルン出身の元サッカー選手、元サッカー指導者。 ハビエル・アスカルゴルタ (Xabier Azcargorta) こと、フランシスコ・シャビエル・アスカルゴルタ・ウリアルテ(Francisco Xabier Azcargorta Uriarte, 1953年9月29日 – )は、スペイン・アスペイティア出身のサッカー選手、サッカー指導者。

2005年夏にフアン・フランシスコ・トーレスの後釜としてレアル・マドリード・カスティージャに加入した。 2006-07シーズンにトップチームに昇格し、オーストリア遠征に帯同した。 2010年1月にスペインのFCカルタヘナにレンタル移籍し、2011年1月にはアルバセテ・バロンピエにレンタル移籍した。 ハビエル・カマラ(Javier Cámara Rodríguez、1967年1月19日 – )は、スペイン・ログローニョ県(現・ラ・リオハ州)出身の俳優・映画監督。曾祖父母がイタリア北部のフリウーリ地方出身であり、イタリアの国籍も有するイタリア系アルゼンチン人である。

イタリア国籍を保持しているため、ハビエル・マスケラーノと表記されることもある。 アルゼンチン代表最多出場記録を保持している。 メキシコ代表の歴代最多得点記録の保持者である。元イタリア代表でもある。元スペイン代表監督。弟もサッカー選手で、元ベラルーシ代表のFWヴィアチェスラフ・フレブ。

マリ代表であった。 アルゼンチン代表としてはアトランタオリンピック、2度のFIFAワールドカップ、4度のコパ・アメリカに出場している。 サッカー部門が特に知られており、トップチームは2015年の時点でブンデスリーガに所属し、これまでに4回のリーグ優勝を経験している。 ただし、この場合の王とはアラゴン王国の王を指し、現在のスペイン王室ではない。

レアル ユニフォーム 2020についての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *