サッカー 日本 ユニフォーム 青

髙埜:コンセプト、デザインに関しては毎回そんなに難航しないですね。 なぜ今回は刺し子柄なのか? お互いのチームがこのフォーメーションを取り入れれば、1対1の場面が数多く作ることができ、個を伸ばすという観点から、理想的なシステムとされています。子どもたちは、多くの試合でプレーすることで、練習とはまた違う経験をし、選手として成長することができます。

この8人制サッカーを導入することで、より多くの子どもたちが試合に出場でき、試合を通して選手として成長する機会が増えることになりました。 8人制サッカーでは、お子さんがボールに触れる機会が増えるので、積極的にボールに関わっていこうとしているかどうか、プレー中の動きをチェックしてあげると、課題が見つかり次の練習につながります。小さいうちからボールとふれあいサッカーの楽しさを学び幼稚園、小学生、中学生、プロ又は社会人へと育成段階を踏める団体です。

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)はこの度、日本代表の新ホームユニフォームを制作しました。将来的にはサムライブルーと同じものを着られるようになるかもしれませんが、私たちは今まで協賛してくださった多くの皆様をリスペクトし、7競技団体が誇りを持って着られるユニフォームを発表するに至りました。

11人制サッカーと同様に、1人の主審と2人の副審で試合を行うことも可能ですが、11人制サッカーでは必須の第4の審判員は任意でOKとなります。 11人制サッカーと同様の流れで延長戦やPK戦を行いますが、延長戦の時間とPK戦を行う人数がそれぞれ異なります。 エンブレムを中心に広がるユニフォーム左胸の11本のラインは、「円陣」を組んだ後、戦いに向けてピッチへと広がる選手たちを表現。

用意していただく物は黒い半ズボン、黒い靴下、メーカー物ではなく安い物でオッケーです。 「2014年W杯開催国ブラジルのカラーであるイエローを用いることで日本だけでなくブラジルのサッカーファンにも応援して欲しい」という想いが込められているらしいですが、あまりに蛍光の印象が強く、どちらかといえば2011年に蛍光イエローのアウェイユニフォームを採用した横浜マリノスファンの応援が集まりそうです。


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *